アトピー・肌荒れ・乾燥肌・脂性・過老化



腸が弱ると、どれだけ食物に気を付けても、腸内壁に染みこんだ汚れも吸収して血液を汚し、肌荒れや老化を招きます。逆に肌荒れやアトピーの方でも腸内環境を整えることで、症状が消えたり軽減することに繋がります。

アトピー

アトピー性皮膚炎も全てが「アレルギー反応」によるものではありません。当院に来られる方の殆どが腸の「詰まり点」が原因です。詰まり点とは先天的なものやストレス等の環境的なもの、手術などの器質的なもので出来ますが、その部分の腸が細く維持され、そこへ内容物が溜まり腐敗することで血液中へ膨大な汚れが流入して、それが肌の外へ出てきた時に荒れていきます。その詰まり点を見つけ流していければアトピーの症状も改善していきます。


肌荒れ・ニキビ

便秘になるとニキビが増えると感じている方も多いですが、それは「肌は内臓の鏡」と言われるほど臓器の弱りに連動しているためです。また、便秘や下痢ではない人でも、腸へ負担のかかる食事が続いたり、アルコールで腸が弱っていると、肌荒れ・ニキビができてきます。他にも月経リズムでニキビが出来やすいのも女性ホルモンと連動している腸の働きが乱れるためです。肌が荒れてきたと感じたら、腸(中)から綺麗にしていきましょう。


乾燥肌・脂性

乾燥肌と脂性はセットのようなもの。便秘の人なら血液汚れによる血行の悪さ、下痢の人は水分吸収効率の悪さから、末端の肌へ水分を安定的に供給することが難しくなるからです。しかし、うるおいは肌を守るという大切な働きがあるので、少ない水分しか供給されないと、汗の代わりに乾燥しにくい脂を放出して肌を守ろうとするのです。また年齢とともに保湿力も低下していきますから、乾燥や小じわが気になりだしたら、腸から水代謝をあげるサポートが有効です。


過老化

腸が弱ると血液も汚れ、肌荒れや乾燥に繋がる、だけでなく、肌細胞への栄養も滞るため、肌代謝が著しく低下します。また、無理なダイエットで栄養そのものが入ってこない人や、下剤を継続的に使って栄養を吸収出来なくなっている人も、当然お肌の代謝が悪くなり、老化がすすむことになります。いつまでも綺麗を保つなら、キチンと食べることも大切。いくら外から塗り込んでも肌細胞が代謝するための栄養は届きません。お肌のことを本気で考えるなら、食べ物のこと、それを吸収する腸のことから考えてくださいね。

 

シミ

紫外線でシミが出来やすくなる、ということは周知の事実ですが、紫外線に反応しやすくなる原因が肝臓の弱りです。肝臓はアルコールの分解だけが仕事ではなく、腸から吸収された栄養や汚れを分解、合成、濾過する重要な働きを持っています。そんな肝臓へ腸から毎日多量の汚れが流れると、次第に肝臓も弱って汚れを濾過しきれずに流してしまい、その汚れが紫外線と反応してシミに繋がります。紫外線対策だけでなく、腸から肝臓への負担を減らし、反応しにくい肌にしていきましょう。

 

美腸セラピーの適用

酷い便秘・過敏性下痢・腸鳴・腹張

慢性冷え性・低体温・浮腫み・頭痛

太れない・痩せない・体重の悩み

過食・拒食・不眠・うつ・メンタル系不調

妊活・不妊・月経不順・無月経・更年期

アトピー・肌荒れ・乾燥肌・脂性・過老化