不調を知る①慢性便秘・下痢


便秘は、腸の弱りを知らせる大切なサイン

腸は「排泄」の働き以外にも、たくさんの大切な働きを担っています。そして排便トラブルである便秘や下痢、過敏性、残便感、お腹の張りは、その腸が弱ってきていることを知らせてくれる大切なサインと言えます。

それなのに「便を出す=腸が元気」だと勘違いして、ただ便を出すだけの対処をしていると、ますます腸は弱ってしまうので、慢性的な排便トラブルで悩む方は、その原因である腸の弱りから見直していきましょう。

 

便秘のタイプA 弛緩性便秘
便秘のタイプは大きく分けて3タイプありますが、腸の弱りが影響している便秘は、この弛緩性(しかんせい)便秘といわれるものです。 妊娠経験者や高齢、内臓下垂の方に多いタイプで、適切な腸ケア(セルフ腸ほぐし等)で弱った腸を鍛えていきながら、普段の生活で腸を弱らせている原因も見つけ、食事や生活習慣を見直していくと弛緩性の症状も改善することが出来ます

便秘のタイプB 習慣性便秘
せっかく便意を感じてるのにトイレへ行けない等、排泄のタイミングを逃しがちな方に多い便意です。またお薬の継続使用でも習慣性便秘になっていきます。 このタイプでは、腸を鍛えると同時に、便の性状を考えながら食事を改善、便意の誘導等で、腸の感覚を取り戻しながら、腸の状態に合わせて下剤を抜いていくタイミングがポイントとなります

便秘のタイプC 痙攣性便秘
過敏性腸症候群の1つと言われる痙攣性の便秘は、心と腸の距離が近い方に多くみられます。心が緊張(集中)状態にあると、腸も硬く緊張しています。 この緊張状態の継続が腸を弱らせてしまいます。このタイプの便秘では、腸の緊張を優しく緩めていくと同時に、心と腸の距離を少しづつ離していき、痙攣しにくい腸にしていきましょう。

 

下痢の人は?

便秘だけでなく、下痢で悩む人も多いかと思いますが、下痢も便秘と同じで腸が弱っている状態です。例えば心の緊張から腸が緊張して、ギュっと締まると痙攣性の便秘ですが、その時にプクっと膨れると痙攣性の下痢になるわけです。

また消化力が弱ると菌の異常繁殖がおこり下痢になる場合もあります。いずれにしても下痢の改善には、便秘の時と同じく、弱った腸を元気にしてあげることが有効です。(過敏性の方も腸が元気になると、敏感に反応しにくくなってきます)

 

トップ<< ・ >>ススム