不調を知る④肌荒れ・美容面


肌は内臓の鏡!体の中からキレイが大切

お肌の細胞は血液から酸素と栄養をもらって新しい肌に生まれ変わる新陳代謝を繰り返しています。しかし、腸が弱って血液が汚れてくると、その汚れも肌へ送られて肌荒れの原因になります。

また血液が汚れて血流が悪くなると酸素や栄養の供給も滞り、肌の代謝も悪くなります。 つまり、お肌を綺麗にするには体の中からキレイが大切です。

 

老化を早める活性酸素も腸弱りが原因
活性酸素は老化を早める原因のひとつですが、活性酸素が発生する一番の原因は、腸内環境の悪化から有害物質が大量に発生するためで、この有害物質を無害化する為に活性酸素も大量に発生して、老化やアトピー等の原因になっているのです。
ただし、下剤で便を出しても腸内の汚れ自体は残りますので、急に老けてきたと感じた方は、腸を元気にして腸内環境を整えていきましょう。 腸内環境が整えば、活性酸素の大量発生を防ぎ、老化予防にも繋がります。便秘しらずは老化しらず、腸が元気な方ほど、実年齢よりも細胞レベルで若々しく過ごすが出来ます

体の中からキレイにする食事
また、腸内環境を整えるには、食生活も見直していきましょう。お肌を綺麗にするポイントは積極的に果物と野菜を食べることです
例えば、野菜や果物に含まれる何百もの物質の多くは日光の皮膚への害を予防し癒してくれますし、それらの物質は互いに協力しながら働くので、たくさんの種類を食べると効果も大きくなります。

腸内腐敗を招く食品は減らしましょう
逆に腸内腐敗を招く食品は、動物性タンパク質や脂肪、化学物質(薬品、農薬、食品添加物、防腐剤等)で、これらを毎日たくさん摂っている人の腸内は、まるでヘドロ化して悪臭をはなつドブ川の様な状態です。
また動物性食品の摂りすぎや食品添加物等により免疫系の機能が働かなるとアレルギー反応もおきやすくなるので注意が必要です。だからといって大げさな食事の改善を行っても、なかなか続かないので、まずは腸の負担となっている食事を見つけて、少しづつ見直していきましょう。

 

まとめ

「キレイな肌を作るには食べ物の見直しが大切!」ですが、そもそも腸が弱った状態だと、どれだけ体に良いとされる食品を摂っても、消化力の弱さから停滞時間も長くなり、放っておくと腸内で腐って有害物質を出し、結局は血液を汚したり、活性酸素の発生を招きます

だから、食事は見直しているのに、肌荒れや過老化が止まらない方は、美腸セラピーで、腸から元気を取り戻し、汚れを取り込まない体にしていきましょう。

(※美腸セラピーでは、断食・菜食・糖質制限・グルテンフリー等の極端な提案は一切しません)

 

モドル<< ・ >>ススム