①排便トラブル系

便秘や下痢は症状が同じように見えていても腸の状態や原因は様々です。それを一律に「便秘には○○が良い」なんてことは言えません。美腸セラピーは、人それぞれに違う腸への負担を観察して、お客様と一緒に原因から改善をおこなっていきます。

排便トラブル系の不調


本当に酷い便秘・下剤依存
一般的な便秘(機能性)は、弛緩性・習慣性・痙攣性の3つに分類できますが、その全てに共通しているのが「腸の弱り」です。その弱りを無視して、ただ便を出すだけの対処(お薬等)を続けていると、ますます腸は弱り、より複雑(複合型)な便秘になって、便秘専門の病院ですらお手上げの状態に至る方も増えています。そんな酷い便秘(下剤依存)の方でも腸自体を鍛えていけば自然排便が戻ってきます。美腸セラピーでお薬に頼らない生活を取り戻しましょう。
過敏性下痢 ・トイレが近い
便さえ出せば「腸は元気」と勘違いしている人も多いですが、それならば下痢の人は皆元気のはずです。しかし実際は元気ではありません。それどころか便は出ているのにお腹が張ったり、ガスが良く出たり、頭痛で悩んだり、生理痛が酷かったり、と色々な不調を抱えています。このような慢性下痢(過敏性・下剤依存含む)も、腸の弱りが影響しているので、美腸セラピーで腸の元気を取り戻し、トイレを気にする毎日からの卒業を目指しましょう。
お腹が鳴って恥ずかしい
お腹が鳴るのは腸内容物(食べた物・水分・ガスなど)が動くため。お腹がすいても鳴るし、勉強や会議の後に鳴るのは緊張から解放されて腸が動き出すことで音も出ます。これは腸が動いている証拠ですから問題ありません。しかし悩ませる音もあるもので、例えば、緊張するたびに鳴る音なら、ストレスに強い腸にしていくこと、オナラのような音がなって恥ずかしいなら、そもそも腸内でガスが発生しにくい環境を作ること、など、腸鳴りの状態(原因)に合わせてサポートをおこないます。
便は出てるのにお腹が張る
便が出てないからお腹が張る。それなら便を出してあげると張りもおさまりますが、悩んでいる方は「便を出しているのにお腹が張る」「下痢なのにお腹が張る」「緊張すると張りを感じる」など。これらも腸壁の代謝が悪くて腸自体が硬くなっていたり、腸壁に浸み込んだ汚れがガスを過剰に発生させていたり、緊張で腸が締め付けられて張る、というようにお腹が張る原因も人それぞれ。腸の状態を観察しながら自分のタイプを知って、不快なお腹を張りを無くしていきましょう。