28:自然排便を取り戻しても油断禁物

自然排便を取り戻しても油断は禁物

20才代女性・下剤歴1年半ほど(毎日服用)。下剤を飲んで出しても全然スッキリしないし、普段から体調も悪いということで、当サロンへご来店されましたが、施術の反応も良く、約10日に1度ペースで通って、3回目のご来店時には、すでに自然排便も取り戻して頂きました。

それから1ヶ月半ほど経った頃に再びご来店。これまでの状況をお伺いすると、前回の施術が終わってからは、下剤を飲んでないのに便は毎日出るし、生理痛も無かったし、本当に元気に過ごせていた、とのことでした。

 

病院へ行くとまた下剤生活

ただ、3週間が経過したあたりから排便リズムが乱れはじめ、軽減していた冷えや肌荒れも出てきて、体調も崩れてきたので病院へ行くと、「便が溜まっているから出しましょう」とお医者さんから言われて、また下剤生活をスタート

今は下剤で、とりあえず便は出てるけど、体調は悪いままだし、眠りも浅いし、「やっぱり腸を元気にしないといけない」と思って、またご来店されたということでした。

じつは、こんな感じの人が少なくありません。ご来店のペース自体は、お客様のご都合で考えて来て頂ければ、それに合わせて、サポート方法も考えていくのですが、ただ、然排便を取り戻せたからと、すぐに「安心」してしまうとう点には注意して欲しいです。

 

3歩すすんで2歩さがる

というのも、当サロンへ通い始めて、下剤なしでも便が出るようになってくると、「もう私の腸は大丈夫」だと思ってしまいがちですが、これまで何年もお薬で弱らせてきた腸は、排便リズムが整いだしても腸自体の筋力を取り戻すまでには時間がかかりますので、本当は腸のリズムが安定するまで油断は禁物なんです。

腸が元気になっていく過程は一直線ではなく、3歩すすんでは2歩さがるというように、上げては下がって、また上げて、という感じで元気を取り戻していくもので、

例えば、この方の腸なら、10日間に1度ペースの施術では安定していたけど、3週間が経過したあたりからリズムが崩れてきたなら、今度は3週間に1度ペースでサポートさせて頂き、また排便リズムが整ってきたら今度は1ヶ月ペースで、という感じでご来店間隔を少しづつ広げていくのが理想的です。

 

慣に戻せば当然、腸も悪くなる

逆に、毎日の自然排便を取り戻して色々な不調が無くなってきたからといって、セルフマッサージをしなくなったり、いつの間にか昔の負担多い生活習慣に戻っていたり、そして排便リズムも崩れ始めているのに、施術のサポートもさせてもらえないとなると、当然ながら、また腸はどんどん弱って元の状態へ戻ってしまいます。それが一番もったいない。

 

長年かけて弱った腸には時間も必要

腸は本来、そう簡単には弱らない臓器です。慢性的な排便トラブルを抱えている人は、その腸を長い長い時間をかけて弱らせてしまったという状態です。

そんな腸が元気になるには、それに合わせた時間も必要です。 美腸セラピーは、施術によるサポートだけでなく、人それぞれに違う腸への負担を見つけたり、セルフケアのご提案など、腸の元気を取り戻すための生活環境を一緒に考えて、不腸の原因から改善を目指します。

本気で不腸に悩む人こそ、美腸セラピーを頼ってください。一緒に腸を元気にしていきましょう。

2020年01月04日